ルバート|子育て世代のためのWebメディア

免疫機能を整え親子で元気に!気持ちが落ち着くオススメのツボ

<新型コロナにより営業自粛する事業者さん応援キャンペーンの記事です>

 

一般社団法人EduQ国際ナチュラルタッチ協会 代表の伊吹です。

 

親子が元気で笑顔に幸せになるメソッド

EduQ親子マッサージを始めてみませんか?

ベビー期だけではない、幼児期、学童期、思春期のお子さんへのマッサージです。

 

長い外出自粛要請で、自宅にこもり、おうち時間が増えていると思います。

子ともに少なからずとも不安やストレスがあるのではないでしょうか。

 

お子さんへのマッサージは、親と子ども両方の心と体を緩めてリラックスすることができます。

定期的なマッサージは免疫機能を整えてくれます。

オキシトシン(愛情ホルモン)やセロトニン(幸せホルモン)効果もあり、

幸せを感じて、癒されて、楽しくて自然と笑顔になります。

 

乳幼児期に受ける、親からの温かい手でのマッサージは、安心感や信頼関係を育み、

感覚や神経系の発達を促すことで、子どもの心とからだの土台をつくります。

そして親からの愛情をたっぷりと注がれて育った子どもは、自己肯定感や自立心、やる気

なども育まれます

また、自分の身体や健康にも関心をもつようになり、自分や他人の身体を大切にできるようになります。

 

小学生になると親とのスキンシップがグッと減り、高学年ぐらいにからは思春期が始まり、

子どもとのコミュニケーションがとれなくて不安に感じる親も多いです。

この時期に親子マッサージをコミュニケーションツールとして取り入れることで、

親子の心の交流ができ、たとえ会話が減ってもお互いに理解することができるようになります。

また、親へ甘えることが恥ずかしくなった子どもからの甘えるツールとしてマッサージがあることは大切なことです。

 

そして、子どもへのマッサージはマッサージをおこなう親自身も癒され、

元気になり、幸せを感じることができます。

肌と肌のふれあいは親子の絆が育まれ、親としての自信につながり、子育てが楽しく楽になります。

 

また、中医学をベースにツボや経絡、リフレクソロジー、アロマセラピー、ヨガ、音楽、

エネルギーセラピーなど東洋と西洋の自然療法を融合したEduQメソッドの親子マッサージは

免疫力アップや食欲促進をサポートしたり、

熱・風邪・便秘・下痢・アトピー性皮膚炎・目の疲れ・夜泣き・おねしょなどの

お家でできるお手当としても活躍します。

 

マッサージを続けてくださっているお母さんたちからは、

「熱を出さなくなった」「マッサージを始めてから病院へ行っていない」

「お手当を知っているから病気になっても慌てなくなった」

など、たくさんの喜びの声をもらっています。

 

今回は気持ちが落ち着かないときに」おススメのツボをご紹介します。

緊張や精神的不安、イライラ、不眠などを解消します。

緊張したり、思い詰めると胸の“気”が詰まります。

心に関係するツボです。その他にも、咳や喘息、のどの痛みなどを和らげます。

 

◎位置

両乳首の中点

 

◎揉み方
子どもは3本指で写真のように、やさしく揉みこむようにツボマッサージをします。

大人のように強く痛く押さないように注意してください。

※温めるのもおススメです。お母さんは両手をこすり合わせて温めてから、膻中にやさしく両手を当てます。

 

一日の終わりに、1日5分でも10分でもいいので、親子マッサージでお子さんとの時間を大切に、

楽しんでみてくださいね。

そして、成長するお子さんに寄り添い、サポートするツールとして、

親子マッサージを続けてください。

 

親子マッサージ動画を配信しているYoutubeチャンネルはこちら

 

 

◆ライター:一般社団法人EduQ国際ナチュラルタッチ協会

各地のインストラクターがオンラインやリアルでの体験会を開催しています。

詳細はホームページよりご確認ください。

 

代表 伊吹砂織のブログでは講座の様子や子育てに役立つ情報をアップしています。

 

 

2020年5月20日